2012
06.28

田縣神社 参拝記

日記

知る人ぞ知る、珍宝様をお祭りしている田縣神社にお参りしてきました。
田縣神社は、愛知県小牧市にあります。

田縣神社(たがたじんじゃ)はおふざけ神社などではなく、五穀豊穣、家業繁栄、開拓の祖神の古式ゆかしき神社であります。
境内はとてもコンパクトで10分もあれば奥宮とその横の珍宝窟をお参りすることができました。

そもそも珍宝様の形状というのは我ら人類の生みの元というのもあって、とても魅力的な曲線でできております。
どれほどのオブジェを拝見できるのかと、それはそれは楽しみにしておりましたが、以外とオブジェは少なくて・・・

こちら(上)は人の手によって調えられたとすぐ分かりますが・・・

こちらはパっと見て、ただ石がゴロゴロしているように見えます。
が!!じっとみていると、ただの石ゴロゴロではないと気が付きました!

さて、この石ゴロゴロ写真のなかにどれほど珍宝様がおわすでしょうかー

ざざっとマークしてみましたよー(笑)
もしかして天然の石でそういう形をしているものが奉納されたのかなーと想像していたのですが・・・どうなのかしら。
しまったなぁ・・・お守りを販売している巫女さんに聞けばよかった・・・

奥宮にはこのお形が鎮座されておりました。
個人的には奥というからにはマン様がおわしてもいいかと・・・ってテーマパークじゃないから!(バカバカ自分)

奥宮で珍宝様のどでかさに呆然として、ふと右へと視線を移すと大きな玉が2つ目に飛び込んできました。

商売繁盛ですと!?
迷うことなく「よいエロスを描かせてくださいませー」とお願い申し上げたのでした。

ここまで、ものの10分もあればお参りできちゃいます。
実にコンパクトな境内です。
まぁ。狭いくらいがらしいっちゃらしいですが。

お腹の大きい参拝者の姿が増えてきたので(安産祈願の方々)、お調子者は退散することにしました。

ちなみに海辺野は授かり棒についての予備知識がありませんでした・・・
この看板がなかったら知らずに帰っちゃうところでしたぜ。あぶねぇ、あぶねぇ。

そして、わくわくして対面した授かり棒はアメでできてました!

アメ!?

舐めろと!?

いや、舐めるためにアメでできているんでしょうともよ!

実際に手にとってみます。

り、リンゴアメ的なインパクト・・・

っていうか、まさにそういうサイズ!

ほおばってちょうだい!

そんな授かり棒はこちら!!

授かり棒のインパクトに大喜びしていると、隅っこにある「夫婦アメ」というちーさいちーさい袋が目に入りました。

わっしょーい!!
おまんさまなアメなんて見たことなかったよー(爆笑)
・・・憶測ですが、このようにお土産売り場では黄色い声が連発するので、境内から離れたナフコに売り場があるのだと思われます・・・

ついつい遊んでしまうのでした。
え? 遊ぶでしょ? 遊ぶでしょ? 他にどんな使い方があるの?
あ、食べろって?
そうね、夫婦アメは口にパクっと入ってしまう小さいアメちゃんですしね。テロンとかしないで、パクっといってしまいましょう。

ずっとお参りしたかった 田縣神社に行けて大満足の海辺野でした。
これでもっとワクワクするエロスが描けることでしょう。


コメントは利用できません