2017
02.14

瀞峡おキノコ様のお告げ

日記

「シンデレラになる方法2」の最終話が公開されました
最終話を納品後、南紀勝浦の温泉につかって一息入れていた私です。

かつうら御苑 天

記事後半にこの客室の情報を追加しました

はー・・・終わったわー・・・(カポーン)

週刊連載程度のボリュームを1ヶ月もかけて描いたというのに、常にいっぱいいっぱいだった自分がなさけない・・・いや、漫画とはケタ違いのグラフィックデザイン仕事をこなしながらだったんだし、よくやった方でしょ・・・

湯に体を沈めても脳みそは疲れたまま。後頭部のだるさは消えません。

熊野古道を散策して緑香る空気を楽しみました。

「八咫烏(やたがらす)ってミステリアス・・・。漫画にできないかな・・・」
ここでも次の漫画はどうしようと画策してしまいます。
楽しんでいるけど休めません。
そもそも、休むってどういう状態のことなんでしょうね・・・

熊野古道を歩いて那智の瀧こと那智飛瀧にたどり着きました。
100円で小皿を購入し、瀧の水(らしきもの)を飲みました。

ふと「誰が描いてもいいものを描いていないか」という自問がこだまのように聞こえました。
それからしばらく、時間を忘れて壮大な那智飛瀧の前で考えていました。
・・・ずっと途中になってしまってるダイレクトパブリッシング作品のこと。
・・・デザインと同じで、納品して制作料をいただいたら、そこで終わりの企画漫画のこと。
・・・新規の営業がかけられていないこと。・・・と、いうか。作品に魅力があれば自分で営業かけなくても声がかかってもいいはずなんだけど、そんな声はかからない現実のこと。
・・・漫画のためにものすごく時間をかけているのに、収入が増えそうにない現実のこと・・・

「趣味でいんじゃね?」

漫画は趣味にして、自分が描きたいものだけ勝手なペースで描けばいんじゃね?という考えが私を支配します。
そうだよなぁ、と思います。
ニーズは自分で作るもの。これが必要だったでしょ? と提示できる漫画家になりたい、とがんばってきたのですが、収入アップが見込めないなら、このルートはここまででしょうか。

瀞峡ツアーに参加しました。

もっと結果を出してから悩め。
瀞峡のエメラルドグリーンの水面を見つめながらそう思い、失笑しました。

でもね。
ずっとベストな結果になるように努力してきた、その結果が現状だから悩んでいるんです。

私、この先、どう努力していけばいいんだろう。
どんな結果を望んでいるんだろう・・・

「これより瀞峡の奥深く、秘境と呼ばれる場所へまいります」
瀞峡ツアーのアナウンスが聞こえます。
「右手をご覧ください。キノコ岩でございます。かつてこの地を訪れたなにそれ天皇も立派な姿よと・・・」

はい?! 立派なキノコ岩??!!

さっきまでの憂い顔はどこへやら、すっくと立ち上がりその姿に向き合う私。

ホントにご立派で!!

なんか、もうほんと、なにもかもどうでもよくなるほど、ご立派で!

おキノコ様。
私に素敵メンズを描かせてください。
わくわくするラブコメがかけるように、力をお貸しください。

「おぬし。まだ挑んでおらぬことがあるであろう。やめるのは、それらに挑んでからでもいいのではないか」

と、おキノコ様からお告げがあ・・・ったわけではありませんが、自分のこのエロス好きを活かせる仕事はそうそうありません。
うだうだと形のないことに悩むのはここまでにして、そろそろ動こうと思います。
とりあえず、やることを減らして、考えることを減らして、もっと漫画を描くことに集中できるようにしようと思います。

 

そしてこの後、お部長と平田を委託配信し、続編を描き進めることになるのですが、それはまた別のお話。

 

かつうら御苑 天

旅行メモ:
上の写真は、南紀勝浦でお気に入りの露天風呂付き客室の檜風呂です。大人3人くらい足延ばして入っても余裕があるほど大きな檜風呂で、私はこの檜風呂と部屋と食事がお気に入りです(全てじゃん)。

一泊ひとり約50,000円とお高めなのですが、都心で食すれば20,000円はするであろう懐石料理を浴衣のまま部屋で食べることができますし、檜風呂には24時間入り放題です。

朝食も充実していて、この朝食だけでも都心なら3,000円はするのではないかと。
ボリュームもありますが、一皿一皿が丁寧に作られています。
今、これを書きながら朝食のだし巻き卵やマグロ料理が美味しかったこと、梅干しをお茶に溶かして飲んだことを思いだしました。・・・ヨダレが出てきます。

このお気に入りの客室があるホテルは、かつうら御苑最上階のコーナースイート「天」にのみ大きな露天風呂が付いています。

はぁ・・・近々また行きます。ブログ読者にだけこっそり教えるこの客室。自分が頑張ってきたことを誇らしく思えるお宿です。


コメントは利用できません