2019
11.18

ブレまくるんだよ

コラム, 木村拓哉のどこがそんなにいいのか分からないから・・・なんだよ

このカテゴリー『木村拓哉のどこがそんなにいいのか分からないから・・・なんだよ』については序章をご覧ください。

ブレまくるんだよ

SMAPが解散して振り返ると、アイドルとしてのキャラが変わらなかったのは木村拓哉だけだと気がついた。

他のメンバーはいい意味で新しい姿を見せては驚かせてくれたけれど、木村拓哉だけはデビューした時のまんま、良くも悪くもあの時できあがっていた雰囲気のまま変わっていない。そのままお父さんになっている。

・・・なれるんだ・・・あの雰囲気で父親に・・・と、驚いているほどである。

木村拓哉は若いうちから「ずっと同じ」というような評価をされがちだった。そういうことを言ってるコラムを何度か読んだ記憶がある。

私自身、マンガを描きながらなかなか収入に繋がらないことに苦しみ、「全く異なるカテゴリーで作品を描いた方がいいのかな」と悩んだ時にハッと気がついた。

木村拓哉はこんな風にキャラ替えなんかしてこなかったじゃないか!・・・と。

そのアイドルとしてのキャラクターを極めていないのに、なんで他ができんだよ、とか言いそうだ!

「毎度同じ」だと他人に言われようと、「それしか出来ない」と言われようと、木村拓哉は一度掴んだキャラクターを手放していないじゃないか!

それがブレないコツなのかもしれないと気がついた。

上手くいかないときは他人からああしろこうしろとアドバイスされちゃうけど、それでも「同じでいい」とそれをやり続けるだけの根拠を持ってるんだ、あの抱かれたい男は・・・

子供の頃からそれを持ってる人と今頃それに気付いた私とでは、そもそものスタートラインが違いすぎるが、ま、今日気付いただけましでしょう。気づけなければ明日はまたブレただろうから。


コメントは利用できません